損失管理がしやすいバイナリーオプションの魅力

最近はFXに関する書籍やブログがたくさんあり、それを見てFXに興味を持つ方も多いと思います。少ない資金で莫大な利益を生み出すことも不可能ではないと言われるFXは、私たちにとっては非常に魅力的な投資方法に見えます。とはいえもちろんこれは投資ですから、失敗することもあります。失敗した際に損失を大きくしないように管理をすることが、FX取引の際の技量になるのです。ところがFX取引の中には、規定以上の損失が発生しない取引方法も存在しています。これは通常取引とは異なり、オプション取引の1つになっています。

バイナリーオプションと呼ばれる取引方法で、為替レートの変動を予想して2者択一で取引を行う方法です。このオプション取引では、取引に投資した金額以上の損失が発生することはありません。取引に成功すれば取引時に設定された倍率のリターンが発生し、失敗すれば投資した金額が損失となります。言い換えるなら、ゲームセンターにあるゲーム機のようなものなのです。ですから損失管理が非常にしやすいというメリットがあり、初心者でも安心して取り組める取引方法として人気を集めています。もちろん、投資額を増やせばリターンを増やすことも可能です。この時も損失は決まっていますので、リスクは非常に低いと言えます。

バイナリーオプション取引の注意点

バイナリー(Binary)とは、0か1、2進法の意味で、バイナリーオプション取引とは、一定期間後のレートが低くなるか高くなるかを予想する、非常にシンプルなルールの取引です。例えば、1ドル=100円の時に、最低掛金が5,000円で倍率(ペイアウト倍率)が1.8倍という取引が行われていて、1万円分を「高くなる」に掛けたとします。取引が終了した時点で1ドル=110円になっていたとすると、予想が的中したことになるので、掛金1万円の1.8倍の2万円が利益として返ってきます。一方、取引終了時に1ドル=90円になっていたとすると、掛金の1万円は損失として徴収されます。

この例の場合、勝率50%であれば、手数料の分だけ損失が積み重なってしまうことになります。利益を出すためには、ペイアウト倍率とのバランスを踏まえ、50%を超える勝率を出す必要があります。なお、ペイアウト倍率は、銘柄や取引時間により変動する場合があるため、事前に確認しておきましょう。バイナリーオプションはギャンブルではなく、投資商品です。しっかりと結果を出してゆくためには、株やFXと同様、相場の上昇や下落に関連しそうな出来事を日頃からチェックしておくことも必要です。

お薦めサイト
FX初心者のFX人気口座比較ランキング

ページのトップへ戻る